メインコンテンツにジャンプする

心臓・血管を中心とした循環器系領域における再生医療を確立するために

ホーム

クアッド・ホルダーCABG血管把持器具
クアッド・ホルダーTM

4パターンの血管把持が可能。

*CABG:冠状動脈バイパス手術(Coronary Artery Bypass Grafting)

   クアッド・ホルダーTMは、冠状動脈バイパス手術(CABG)において、グラフト血管をスマートに固定・保護(*)し、術者を強力にサポートします。
   術者の視点から生まれた画期的なデザイン(特許第4683660)により、あらゆる吻合パターンへの対応が可能となりました。

*従来のグラフト把持操作にくらべ、グラフト血管をよりインタクトに保つことができます。

■特長
1.4パターンの血管把持が可能に

  パターン1:Non-Skeletonized グラフト吻合
  パターン2:Skeletonizedグラフト吻合
  パターン3:大伏在静脈グラフト吻合
  パターン4:Sequential吻合

4パターンの血管把持が可能に Non-Skeletonized グラフト吻合Skeletonizedグラフト吻合大伏在静脈グラフト吻合Sequential吻合
※画像をクリックすると拡大表示されます。

2.固定位置を自由自在に

  自由自在に変形・固定できる形状記憶アームを採用


■メリット
1.吻合手技の信頼性を向上

吻合手技の信頼性を向上しっかりとグラフトを固定・保護し、より高い正確性をもたらします。

2.吻合時間を短縮

すばやくグラフトを固定・保護し、スピードアップをもたらします。

※画像をクリックすると拡大表示されます。


■各部の名称


各部の名称


■使用方法

使用方法  1.固定クリップで、開胸器またはスタビライザーのアーム部などに本品を固定します。
  2.吻合手技のパターンに応じて、把持クリップを操作することにより、グラフトを把持します。
  3.必要に応じて、アームを曲げることにより、把持クリップの位置・角度を調節します。
  *その他の詳細な使用方法については添付文書をご参照ください。

■使用上の注意

  ・ 包装または製品に破損・汚損等の異常が認められる場合は使用しないでください。
  ・ 開封後はすぐに使用してください。
  ・ 把持クリップを強く閉じるように無理に力を加える等、過度な力で組織・血管を把持するような操作をしないでください。
  ・ 廃棄処分は感染防止に配慮して安全な方法で行ってください。
  ・ 本品は再使用できます。
  ・ 再滅菌はEOG(エチレンオキサイドガス)滅菌により行ってください(高圧蒸気滅菌は不可)。


■製品概要

製品名
クアッド・ホルダー
製造販売届出番号
28B1X10002000002
一般的名称
鉗子
梱包単位
1箱=6個入
製造販売元
株式会社カルディオ
総販売元
株式会社ジェイ・エム・エス




QM30208 Rev.0

メインコンテンツに戻る

| 個人情報の取扱いについて | ご利用にあたって |

(C) 2001-2017, Cardio Inc.